LoveFam~ラブファム~

5歳・4歳・2歳の子供がいる元通訳士の26歳ママです!家族や美容、子育て、節約、料理、英語の勉強法などについて発信していきたいと思っています(*^-^*)

LoveFam~ラブファム~

諦めないで!産後の垂れた胸は努力でバストアップできる!一度は豊胸手術を考えた私が2カップバストアップに成功した方法!

 

f:id:yakudati-net:20160922133644p:plain

下手くそな絵ですみません…^^;

 

産後に胸が垂れてしまうことは仕方のないことかもしれません。

私の場合、3人目を断乳してからもともとEカップあった胸がBカップまでしぼんでしまいました。


胸が垂れただけでなく、胸の上の部分からえぐれたような感じになり、
膨らみやハリは全くありませんでした。


それと、もう一つ気になったのが胸のしわ

乳首回りを中心にしわしわになり、まるで干し柿のような胸で、嫌すぎて何度も泣きました^^;


「温泉に行けない」
「水着を着れない」
「旦那に見られたくない」
・・・と、悩んで悩んで、頭がどうにかなりそうでした。


ですが、今は「なんであんなに悩んでたんだろう?」と笑い話にできるほど、妊娠前まで…とはいかないですがハリ・膨らみのある女性らしい胸になりました。


今回は、私と同じように産後の胸に悩んでいる方に、「大丈夫だよ!」ということが伝えたくて、ブログに書こうと決めました。

スポンサーリンク  

胸の大きさの変化

f:id:yakudati-net:20160922133723j:plain


私は冒頭にも書きましたが、妊娠前はEカップありました。
1人目出産後、Fカップになり、断乳後Eカップに戻りました。

2人目出産後も、一人目と同様にEカップからFカップになったのですが、
1人目と違った点は、断乳後、Dカップになったことです。
少ししぼんでしまった感じはあったのですが、そこまでひどくなかったので、「子供産んだから仕方ないか~」という感じでした。

 

そして、問題は3人目を出産してからです。

 

3人目出産後、Dカップだった胸はEカップになり、断乳後にBカップになりました。

 

ちなみに、この記事を書いている2016年9月現在、子供たちは4歳・3歳・1歳で全員完母で育てています。

授乳期間は3人とも1年です。


とにかく、胸の中の脂肪がない!!

 

胸が小さくなったどころの話ではありません、
胸がしぼむんです!!
小さく小ぶりになったらどれだけマシか…

 

紙のようにぺらぺらで、膨らんだ風船が小さくなってしぼんだようにしわしわ、仰向けになるとまるでまな板、横向きに寝るとブラジャーからしわしわの胸が出てくる…といった感じです。

でも、乳首だけは3人授乳したからか、大きくなりボコボコと形も悪くなってしまいました。

 

豊胸手術の相談

f:id:yakudati-net:20160922140406j:plain


この時点で、私は旦那に「豊胸手術して良い?」と何度も相談しました。
旦那は「気にすることないよ」「子供3人母乳で育てたんだから仕方ないよ」と言っていたのですが、何度も私が言うので、「そんなに悩んでいるんだったら、しても良いよ」と言ってくれたのです。
ですが、自分から言ったくせに、いざOKが出ると怖気づいてしまう自分がいました…。


そこで、「豊胸手術しなくてもバストアップできる方法」をたくさん調べました。


どこを調べても、「授乳後の胸は戻りにくい」「クーパー靭帯が伸びたり切れてしまうと絶対に戻らない」など、否定的な意見ばかり…。


だったら努力して何とかしてやろう!!!と思ったのです。

スポンサーリンク  

バストアップのために

f:id:yakudati-net:20160922134233j:plain

運動をする

バストアップのためにまず初めに行ったのが、運動です。

 

知識が乏しい私は、「胸筋がつけば、胸が膨らむのでは…」と考えたのです。

実際に、私の主人は学生時代バスケ少年だったのですが、「Bカップぐらいあるよね?」というくらい、胸筋がすごいです。


運動といっても、足をついたままの腕立て伏せや、合掌のポーズをして胸に力を入れる…という単純なもの。

 

「今日は〇回する!」と決めてしまうと、続けられないと思ったので、「暇なときにする」と決めて、毎日少しずつ鍛えていました。


運動を始めて2日目。初めて筋肉痛になりました。

コツはとにかく「胸」を意識して運動することです。

腕立て伏せも、「腕」に力が入りがちですが、「胸」に力が入るように意識します。


そして、運動を初めて15日頃。
胸に少しボリュームが出てきました。
触った感じが全く違います。
今までふにゃふにゃだったのが、「胸の中に何かが詰まっている」という感じに変わりました。


やはり、続けることに意味はあったんだ!と実感した瞬間です。

 

マッサージをする

運動と同時に続けたのが、マッサージです。

背中・お腹・胸下・二の腕・首など、すべての脂肪を胸に移動するようにマッサージします。

オイルやボディクリームなどを使って、滑りを良くして行うのがコツです。

私が使っていたのはこちらのクリームです。

 

 

 

柑橘系の香りが大好きなので、香りに癒されながら毎日使っていました。

たっぷり入っているので、コスパも◎です!

 

自分に合ったブラジャーをつける

 

私は、授乳中も授乳後も、ワイヤーなしのよれよれのブラジャーをつけていました。

ブラトップも良くつけていたのですが、楽すぎて普通のブラジャーをつける機会はほとんどありませんでした。

 

ですが、調べてみてわかったのですが、自分に合ったブラジャーをつけているかどうかが非常に重要な問題となるようです。

 

合っていないブラをつけていると、胸の脂肪が横や下に流れてバストが小さくなったり、胸の成長の妨げになることもあります。

 

それを知った私は、急いでブラジャー専門店に行って、自分のバストサイズを測ってもらいました。

 

今まで、Bカップだと思っていたのですが、店員さんにCカップと言われ、喜んだ記憶があります。

これは、運動やマッサージを続けた結果だと思います。

 

とにかく、暇さえあれば、運動!マッサージ!

これは非常に大事だと思います。

 

次回は、バストアップのための食生活や生活習慣などを書いていきますので、お楽しみに^^